ダイズエキス(大豆エキス)とは、その名のとおり、あの「大豆」から抽出された成分です。

 

化粧品にも使われています。

化粧品に使われた場合は、年齢と共に減少するヒアルロン酸やコラーゲンの生成を活性化します。

また、肌周期や皮脂の分泌量も正常化に導き、潤いのある滑らかなお肌にする効果が期待できます。

 

 

ダイズエキスの原料である「大豆」は日本人にはなじみの深い食品ですね。

その様々な健康効果については耳にすることも多いのではないでしょうか。

 

詳しく見ていきましょう!

 

大豆には様々な効果がある

大豆は味噌や醤油、豆腐やきな粉、豆乳や枝豆などに使われていて、

日本人にはとても馴染み深い食品ですね。

日本に住んでいて大豆を食べたことのない人はほとんどいないでしょう。

 

この大豆は数々の研究がされてきて、

大豆製品を多く摂取する人は

  • 乳がんの発症リスクが低い
  • 心臓病の発症リスクが低い
  • 骨密度が高い

ことがわかっており、

  • 大豆発酵製品を多く摂取する日本人女性は更年期障害が軽い

ことも示されています。

 

こんな様々な効果のある大豆ですが、その効果に関係する成分の一つが「大豆イソフラボン」です。

 

大豆イソフラボンとは?エストロゲン様作用と抗酸化

イソフラボンは、豆類によく含まれるフラボノイドというポリフェノールの一種です。

 

様々なイソフラボンの中でも「大豆イソフラボン」は「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

 

これは、大豆イソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」と同じような働きをするからです。

女性ホルモンの様な作用、女性ホルモン様作用といわれます。

エストロゲンほどの強い働きはないのですが、エストロゲンの不足を補ってくれる効果があります。

 

女性ホルモン「エストロゲン」が働くのには「エストロゲン受容体」というところにはまらないといけないのですが、エストロゲンが足りないとエストロゲン受容体に空きが出てしまいます。

椅子取りゲームを思い浮かべると分かりやすいですね。

エストロゲンが椅子取りゲームをのプレイヤー、エストロゲン受容体が椅子です。

この椅子はエストロゲン専用ですが、イソフラボンもエストロゲンのふりして座ることができるのです。

つまりエストロゲンと同じ働きをすることができるのです。

大豆イソフラボンの女性ホルモンとしての効果は本物のエストロゲンには劣りますが、様々な要因で減少してしまうエストロゲンを補えるのはとてもありがたいことです)。

 

それから、大豆イソフラボンには抗酸化作用もあるとされています。

 

 

女性ホルモン「エストロゲン」は美容効果があるが様々な要因で減少する

エストロゲンは女性の美しさに関わるホルモンです。

産後の不調にもこのエストロゲンが深く関わっています。

 

エストロゲンにはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの分泌を促す作用があります。

ヒアルロン酸やコラーゲンがきちんと分泌されると肌の水分量が増え、皮脂の分泌は押さえられます。

エラスチンはお肌の奥、真皮を支えてくれるものです。

ツヤと潤いのあるなめらかな肌を導いてくれるのです。

 

しかしこのエストロゲン、月経周期にあわせて増減します。

月経後から増え始め、排卵の時にピークに達します。

排卵を過ぎると減少して、また月経後に増え始めるというサイクルになっています。

エストロゲンには妊娠しやすいように卵巣の状態を保つ働きがあるのです。

 

そして、出産後はこのエストロゲンはグッと減少します。

卵巣を妊娠できる状態に保つ必要がなくなるからですね。

そうすると、エストロゲンの減少により産後鬱や髪が抜ける、肌の調子が悪くなる、など様々な不調に繋がります。

 

産後のホルモンバランスの変化はこのような背景があるのです。

 

出産後時間がたてば月経が再び始まりこのエストロゲンのサイクルも戻りますが、エストロゲンは加齢により分泌が減少していきます。

40歳くらいからエストロゲンの分泌量は急激に低下し、50歳ころで閉経するとほとんど分泌されなくなります。

エストロゲンの低下によって更年期障害や骨粗鬆症のリスクが上がるなどの不調が引き起こされます。

 

エストロゲンの不足による肌の影響は

エストロゲンはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといったお肌をつくる成分の生成に関わっていましたね。

エストロゲンが減少するということは、それらお肌に大切な成分をつくるための働きかけが減るということです。

そうすると、ヒアルロン酸不足によりお肌が乾燥する、コラーゲン、エラスチン不足でハリが失われる、肌バリアの機能が低下することにより、ニキビや肌荒れなどの様々なトラブルを引き起こしやすくなる、などが考えられます。

生理前に肌が荒れやすいのは、一時的にエストロゲンの分泌が減ることが関係しています。

出産後、肌が敏感になりシミなどができやすくなるのもエストロゲンなど女性ホルモンの影響が大きいです。

また更年期から閉経後にかけてのお肌の変化も、エストロゲンの分泌が減ることが大きく関わっているのです。

 

大豆イソフラボンでエストロゲンの不足を補える

そのエストロゲンの不足を補える成分が、エストロゲンと同じ働きができる大豆イソフラボンです。

サプリメントもありますが、大豆製品は身の回りに多く、大豆イソフラボン以外にも様々な健康効果がありますので、アレルギーや好みの問題などなければ積極的に摂取したいですね。

納豆や味噌などは納豆菌や発酵食品のよさがありますし、豆腐や豆乳はヘルシーで植物性タンパク質などの栄養素が豊富です。

つまり、大豆食品を毎日に取り入れることによって、大豆イソフラボンだけでなく様々な健康効果を得られるのです。

どうせ摂取するなら一度に色々な栄養素がとれた方がいいですよね!

 

大豆イソフラボンは化粧品として肌に塗って効果があるのか

 

正直、大豆イソフラボンで月経前や産後、更年期や閉経後のエストロゲン不足を本気で補うのなら食事からとった方がいいでしょう。

しかし、それに加えて肌に塗って、肌からもアプローチすることは全く効果がないわけではありません。

 

大豆イソフラボンには抗酸化作用もあるのですが、食品からとるとまず体の中を抗酸化するのに使われてしまい、お肌は後回しです。

ですから、お肌に効果を届けたいのであれば外からもつけた方がいいですね。

日常からつける化粧品でも取り入れていくといいでしょう。

 

また、分子量が多きく肌に浸透しないのでは?という心配もありますが、化粧品技術の進歩により「ナノカプセル」という肌の角質の隙間より小さいサイズに入れることもできるようになりました。

 

 

 

ダイズエキスには大豆イソフラボンだけでなく、タンパク質やサポニンも含まれている

ダイズエキスは、大豆イソフラボンだけでなく、大豆の成分でもあるタンパク質やサポニン、アミノ酸などお肌に嬉しい成分が含まれています。

また、ダイズエキスにはメラニン生成を抑制する効果も確認されています。

これらの効果も、お肌につけることにより効果が期待できますね。

 

ダイズエキスは毒性が低く副作用も少ないという報告がありますので、安心して使える成分です。

ただし、大豆アレルギーのある方は念のため注意した方がよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ダイズエキスの効果は色々嬉しいものがありますので、食品や化粧品で日頃から取り入れていきたいですね。

 

化粧品で大豆エキスの効果を得たいときは、ナノ化など、肌の奥にきちんと届くような工夫がされているかどうかもチェックするといいでしょう。

せっかくの有効な成分ですから、きちんとお肌の中に届いてほしいですね。