チョコレート、美味しいですよね!

チョコレートを食べていると幸せな気持ちになれちゃいますね。

食べすぎたらお肌に悪いと思いながらついつい食べちゃう・・・!

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

でも、もし、きちんと選べばお肌に悪くないとしたら?

美味しいチョコレートを食べながら美肌にもなれちゃったら?

最高ですよね!

 

そんなチョコレート、実はシミに効果があるという検証結出ています。

ただし、カカオ70%以上のチョコレートを使うなどの条件があります。

以下で詳しくご紹介しますね!

 

「その原因腸にあり!」でテレビ放送されて話題に

「シミにチョコレートが効果あり!?」と話題になったきっかけはテレビで放送されたことでした。

 

フジテレビ系列で2016年3月29日に、「その原因、腸にあり~肥満!便秘!肌荒れ!花粉症!あがり症!お悩み解決SP~」という番組が放送されました。

 

その中で、チョコレートを食べることによって腸内環境の改善と美肌が叶えられる、とのことで芸人のキンタロー。さんらが実際に検証してシミが減少したことが計測されました。

 

番組を監修したのは、腸に関して日本を代表する4人の専門家によるチームでした。

そのチームを率いたのは小林弘幸先生です。

小林弘幸先生は、日本初の便秘外来を開き、

診察した患者さんはのべ二万人以上、なんと予約は5年待ち!という便秘治療のスーパードクターです。

他3名も、青江誠一郎先生、辨野義己先生、小林暁子先生と、他のテレビ番組にも出演される有名な「腸の権威」です。

 

チョコレートでシミを減らすキーワードは腸内環境、活性酸素

チョコレートに含まれるカカオプロテインとカカオポリフェノール、この二つの成分がシミを減らす可能性を持っています。

この二つの成分はどんな働きをするのでしょうか。

 

肌は腸を写す鏡、腸とターンオーバーの関係

スーパードクター、小林弘幸先生は「肌は腸を写す鏡」と断言しています。

腸は血液をつくる工場であり、血液の質を決めるところともいわれているそうです。

 

腸内環境がよくなれば、全身の血流がよくなります。

血流が悪いとターンオーバーは正常に行われません。

ターンオーバーのサイクルが乱れれば肌が荒れてしまいます。

血流がよければターンオーバーが整い、美肌に効果があるというわけです。

 

腸は全身の健康のもととなる器官であるといえるでしょう。

 

チョコレートに含まれるカカオプロテインと食物繊維が善玉菌のエサになる

カカオプロテインには、消化されないタンパク質が多く含まれています。

ですので、たんぱく質が大腸まで達して、腸内細菌に利用してもらうことができるのです。

 

カカオには食物繊維も多く含まれています。

カカオプロテインは善玉菌のエサになる食物繊維と一緒にとると、善玉菌を元気にすることができます。

善玉菌を活性化させることで腸内環境がよくなり、全身の血行がよくなり、ターンオーバーを促進してシミが改善する可能性があるのです。

 

カカオポリフェノールは活性酸素を減らし、皮脂の酸化を抑える

 

カカオポリフェノールは抗酸化物質であり、体に吸収されると活性酸素を抑え、皮脂の酸化を押さえる効果が期待できます。

 

酸化や刺激から身を守るために、肌は防御反応としてメラニン色素を作り出すのでしたね。

 

ポリフェノールといえば、以前特集したレスベラトロールなどもポリフェノールでしたね。

活性酸素や酸化した皮脂の害、ポリフェノールなど抗酸化成分の効用などはこちらにも詳しく書いています→「イタドリ根エキス」「バラエキス

なんと、カカオ70%以上のチョコレートには、コーヒーや赤ワインよりも多くのポリフェノールが含まれているのです!

 

チョコレートを食べるとニキビができるのでは?

チョコレートとニキビの因果関係はないという研究結果が出ていますが、脂質や糖質はニキビの原因となります。

ということは、チョコレートのポリフェノールがいくらいいからといっても、チョコレートに含まれる脂質と糖質を多くとりすぎてしまうと肌荒れの原因となりますね。

ですから脂質と糖質を抑えつつポリフェノールを効率よく摂取するためには、やはり「高カカオ」「ハイカカオ」チョコレートを選んだほうがよいでしょう。

 

チョコレートを毎日食べたら太らないの??

この番組での結果ではありませんが、カカオ70%以上のチョコレートを毎日25g食べた程度では体重の増減は見られないという調査結果があります。

今回のようなチョコレートの摂取のしかた(4週間連続して、カカオ分72%の高カカオポリフェノールチョコレートを25g摂取)をしても、メタボリック症候群に繋がる、体重やBMIなどの増加はみられない、ということがわかりました。

出典: www.meiji.co.jp

 

しかし、当然ですが、チョコレートを食べすぎたり、チョコレートのお供に高カロリーのお菓子やドリンクをとりすぎたりしてしまったら太ります。

 

あくまでも、「普段の生活に、チョコレート25gをプラスする」という意識をもった方がよいと思われます。

 

 

本当に効果が出るのか?検証

番組では、本当に効果が出るのかが検証されました。

条件は以下です。

・カカオ70%以上のチョコレートを使用
・1日25g摂取(目安は板チョコの半分)
・実験期間は4週間
・そのほかの生活は普段通りとする

カカオ70%以上のチョコレートといえば、「高カカオチョコレート」や「ハイカカオチョコレート」と言われているものですね!

そして、シミが減少したかどうかは、肌の奥のシミやニキビの元になる過酸化脂質まで計測できる特殊な機械を使い数値化されました。

 

実験には芸能人のキンタロー。さんら5名が参加しました。

 

例としてキンタロー。さんの検証結果を引用しますね。

 

キンタロー。さん

めんどくさがり屋のため、高校生の頃からなにも塗らずに外出していたりしたため、隠れシミがたくさんあるのではないかと心配していました。

また、肌荒れ、ニキビをつぶしてしまったりいじりすぎて悪化させてしまったりするため、炎症後色素沈着があるそうです。

また、チョコレートを食べて肌荒れしたことがあるので、この実験に心配を抱いていました。

半信半疑で検証を続けて、このような結果が出ました。

  実験前 実験後
紫外線によるシミ
(表面に見えるもの)
138個 128個
紫外線によるシミ
(隠れシミ)
469個  445個
色素沈着によるシミ 532個  479個

 

シミの数が減少したことがわかります。

 

他にもタレントの木村好珠さん、一般の被験者三名も参加。

シミのほかにもニキビのもとになる過酸化脂質の現象が見られたりと、実に5名中3名の方に美肌効果が見られました。

 

※ちなみに、過酸化脂質は消えないシミの原因でもあります。

ですので、消えないシミの予防としても有効と言えそうです。

コチラの記事でもご紹介しています→バラエキスと抗酸化について

 

 

注意点①チョコレートなら何でもいいというわけではない

疑問:普通のチョコレートじゃダメなの?

 

わざわざカカオ70%のチョコレート買いに行くのはめんどくさいし、家にあるチョコレート食べまくってればいいんじゃない?と思われる方もいるでしょう。

私もそう思いました。

実際に普通のチョコレートには何%くらいのカカオが含まれているのでしょうか?

チョコレートで有名な明治さんのサイトにこんな一覧がありました。

当社の代表的なチョコレート1枚に含まれるカカオ分とカカオポリフェノールの量は以下のとおりです。(それぞれ1枚あたりの重量が異なります。)
 
①カカオ分…カカオマス、ココアバター、ココアパウダー(※)などカカオ由来の原料を合算したもの。
(※ココアパウダーはカカオマスからココアバターを搾り、固形分率を高めパウダー化したもの)
②カカオポリフェノール量…カカオに含まれるポリフェノール類の総量。主にカカオマス(ココアパウダー)に含まれ、ココアバターには含まれません。したがって、カカオ分が同じ商品でも、配合比の違いにより、ポリフェノール量は異なります。
 

 商品名

 1枚あたりの
重量

カカオ分・・・①

 カカオ
ポリフェノール量・・・②

 
ミルクチョコレート

 50g

35~40%

354mg

 
ブラックチョコレート

50g

35~40%

640mg

 チョコレート効果72%

5g

72%

127mg

 
チョコレート効果86%

5g

86%

147mg

 
チョコレート効果95%

5g

95%

174mg

出典: qa.meiji.co.jp

 

この一覧表によると、

たとえばミルクチョコレートを25g食べたときのポリフェノール量は354mgの半分で177mg

チョコレート効果72%を25g食べたときのポリフェノール量は127mg×5で635mgになります。

約3.5倍の差がありますね。

 

じゃぁミルクチョコレートを3.5倍食べればいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、

チョコレートには糖分や脂質がたくさん含まれていますので、過剰摂取すると逆に悪影響が出ることが考えられます。

糖分や脂質の取りすぎはお肌を荒らしたり体重が増加したりする原因となります。

 

ですので、カカオポリフェノールの効果を期待するのなら、きちんとカカオが70%入っているチョコレートを選ぶことが大切です。

ミルクチョコレートも甘くておいしいので、こちらはあくまでおやつ、として甘さを楽しむために食べるのがいいと思います。

 

注意点②あくまでシミを減らす方法の一つ、すべてのシミに効くわけではない

また、誰にでも効果があるかというわけではなく、当然個人差はあります。

 

番組の検証でも、5名中2名の方には美肌効果が見られませんでした。

 

番組内では、結果に個人差が出たことに対し、もしかするとこの差はもともとの腸内環境の差もあるかもしれない、と小林暁子医師の見解がのべられていました。

 

そして、あくまでも「活性酸素を減らす」+「ターンオーバーを正常化」すことにより、「これ以上シミができないようにして、ターンオーバーでシミを自然に排出してゆく」方法ですので、

色が濃いシミや盛り上がってきてしまったシミなど、自力で消せない=ターンオーバーで排出されなくなったシミには効果はありません。

 

そして、チョコレートだけに頼るのではなく、きちんと紫外線対策をする、美白成分の入った化粧品を使う、などの対策も並行して行いましょう。

新たにシミが増えてしまっては、チョコレートの効果だけでは追いつかなくなってしまうことが考えられますからね。

 

参考までに、番組内や書籍にあった注意書きを引用します。

番組は複数の専門家の監修のもと構成いたしました。
紹介した事例は身体の悩みに関する原因とそれに対する解決策のひとつです。
事例により別の原因・学説があることをご承知ください。
個々の事象の効果を試す検証実験のデータは、番組が医療的案監修のもと独自で行った範囲内での結果であり、個人差があります。また、医学的にすべてが立証されているものではありません。
医療行為を試される場合は医師に相談の上ご本人の正しい判断のもと行ってください。

書籍「やせる腸活 フジテレビその原因、Xにあり!」より

 

本の中でも、濃いシミや盛り上がってきてしまったシミには効果がなかった、とありました。

やはり、チョコレートで薄くなる又は消えることが見込めるのは「ターンオーバーの改善により薄くなる・消すことができるシミ」だけのようです。

参考→「シミの種類の見分け方

 

ですが、シミに効果がみられなかった被験者でも、「お通じがよくなった」という効果は実感していました。

もともと腸内環境が良い方はお通じなどの効果は感じにくいかもしれませんが、抗酸化作用のほうは期待できますね。

 

他にもチョコレートに含まれる成分にはコレステロールや記憶・学習などの認知機能によい影響を及ぼすとの調査も出てきています。

健康を維持するため、今後新たなシミを作らないために、試してみて損のない方法だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美味しくチョコレートをいただきながらシミ対策!

そんな夢のような方法が実際にあるのですね。

きちんと正しいやり方を守って、補助的に行う方法の一つとしてとらえるといいと思います。

しかしチョコレートが好きな人にとっては幸せな気分になれるので、楽しみながら続けられるというのはとっても魅力的ですよね。

高カカオチョコレートスーパーなどでもは簡単に手に入るので、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

顔面がシミだらけ

だった私。

どうせ他人は

そんな気にしてないだろうと

たかをくくっていたら

 

ある時、そのシミが、

隠しきれていない

ことが発覚。

 

シミのせいで

老けて見える!

シミを隠すために

厚塗りすると

もっと老けて見える!!

 

嫌だ――――!!

シミを消したい!

そう思った私は

あの手この手でシミに戦いを挑むも、

惨敗・・・。

 

どんどんなくなっていく自信。

シミのせいで後ろ向きになり、

夫婦喧嘩、

家族の危機、

家庭崩壊!?

あげく入院・・・

 

一時はシミに打ちのめされ、

もはやこれまでか、

と諦め、

絶望のどん底に。

 

しかし!


救世主が現れたのです。


その運命の出会いにより、

私の人生は大きく変わりました。

 

シミとの戦いに終止符を打ち、

見事、

ハッピー素肌とハッピーライフを

手に入れることができたのです!!

 

そんな私の、

ちょっぴり笑えるプロフィール、

シミとの戦いの歴史!

美肌へのサクセスロード!

人生180℃回転ストーリー

コチラからお楽しみください☆

 

↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ 

「ハッピー素肌☆ハッピーライフ伝道師・ひとみの物語」

 

私が出会った運命の成分はコチラ

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓

ビタミンC誘導体APPS最強説。