ご覧いただきありがとうございます。

ハッピー素肌ハッピーライフ伝道師の

ひとみと申します。

 

この記事では

シンプルスキンケア

自分に合った、

必要最小限の「やりすぎない」

スキンケアについてと、

その基礎知識や考え方を

ご紹介します。

 

 

私はかつてシミや小じわ、

くすみなど様々な肌トラブルに悩みましたが、

とってもシンプルなスキンケアで

それがほぼ全て解消しました。

 

それで、余計なケアなんて必要ない、

お肌にとって必要なものは

とってもシンプルなんだ!

と気がつきました。

 

けれど以前は

シンプルケアにしよう!と

思ったことはあっても

なかなか続けられませんでした。

 

色々調べてみても、

インターネット上や本などでも、

いろいろな方法を色々な人が提唱していて

迷ってしまい、

自分に合った方法がわからなかったのです。

 

ですので、

不安になって結局普段のスキンケアに戻り

ベタベタ色々塗りたくったり

クレンジングも洗顔も何種類も試したり

してしまいました。

 

今思えば、

なんてもったいない時間を

過ごしていたのだろう!

って感じです。

 

もっと早く、

シンプルなスキンケアの

大切さに気がついて、

「やりすぎない」という

自分に合ったお手入れに出会えていたら

もっと早くキレイなお肌になれたのに!

当時の自分、

きちんと調べないなんて

本当にもったいなかったなと思います。

とほほ、、、。

 

 

ですが、あるきっかけがあり、

よくよく調べてみると、

シンプルスキンケアの考え方は

とっても単純で簡単なことがわかりました。

 

いろんな人がいろんなことを言ってますが、

実はみんな目指していることは同じ。

 

ポイントは、

「お肌のバリア機能を守る」

たったこれだけ。

 

それに行きつくための方法が

色々考えられているだけのことです。

 

わかってしまえばとっても簡単なことでした。

 

知っていれば、

自分に合った方法に

アレンジしていくこともできます。

 

私はそれを知っただけで、

自分に合ったお手入れに

ぐっと近づくことができました!

 

ただ知っているか知らないか。

それだけの違いなのに、

お肌だけでなく、

コスパや時短にも

大きな差が出ました!

 

ご紹介したら少しは、

かつての私と同じように悩んでいる人の

お役に立てるかもと思いましたので

 

以下で詳しくご説明しますね。

 

それではどうぞ!

 

目次

お肌が健康であれば、ほぼすべてのトラブルは解決する

まずシンプルスキンケアを理解するために、

お肌の健康を保つことの大切さを

さらっとおさらいしてみます。

 

とにかく、

以前の私は

ここをきちんと理解していなかったため、

自分に合ったスキンケアに

たどり着いていませんでした。

 

しかし一度知ってしまえば

とっても簡単なことなので、

そのときどきの自分の肌状態に

合わせたケアをするなど、

応用がきくんです。

 

一生もののスキンケアに

出会うための大切な基本だと思いました。

 

 

まず、

シミや小じわ、くすみ、毛穴、ニキビ・・・

それらのトラブルはみな、

お肌のターンオーバーやバリア機能などが

正常に働いていないことによって

引き起こされます。

 

何か特殊な要因、

例えば日に当たりすぎただとか

皮脂が過剰分泌しているとか

ニキビ菌がいるだとか

そういうのがあると

思われるかもしれませんね。

 

でも仮にそういう要因があったとしても、

健康なお肌には自浄作用があるため、

ターンオーバーや肌バリアが正常であれば

シミもターンオーバーの

サイクルとともに薄くなっていったり、

ニキビ菌よりも

お肌の常在菌のほうが優勢になる、

皮脂も落としすぎなければ

出すぎることもなくなり落ち着いていくなど、

トラブルに打ち勝つことができるのです。

 

真に健康で正常に機能しているお肌には、

トラブルは起きないか、

起きたとしても自然におさまるものなんです。

 

(あまりにもトラブルが治らないのは

 皮膚病の範疇に入る可能性があるので、

 きちんとお医者さんに行って

 しっかり治しましょう。)

 

つまり、トラブルが起きるということは、

お肌が健康でない印なのです。

 

もし、

見かけだけでなく、

根本的にそれらのトラブルを

解決したいのであれば、

健康なお肌を目指すしかありません。

 

健康なお肌を保つには

肌のバリア機能が大切です。

 

お肌のバリアを理解しておくと10年後に差がつく!

バリア機能とは、

簡単に言うと

この画像で言うと

お肌の細胞(長方形や楕円形の部分)

とその間の隙間から構成されているものです。

 

健康な肌では、

このバリア機能が

セラミドなどで構成された

「天然保湿因子」や

お肌の細胞などが、

交互に積み重なってできています。

 

レンガ造りの壁をイメージしてもらうと

分かりやすいです。

赤茶色のレンガの隙間を、

モルタルという白い接着剤のようなもので

埋められている様子は

見たことあるのではないでしょうか。

こんな感じです。

このたとえで言うと、

レンガ=お肌の細胞

モルタル=天然保湿因子

にあたります。

 

これらがレンガの壁のように

きちんと積み重なることによって、

  • お肌の水分キープ
  • 外部からの刺激から守る

などの「お肌のバリア機能」

として働くのです。

 

 

しかし、さきほどの画像のように、

お肌のバリアが

しっかり機能していないと、

  • 水分が保持できない=乾燥する
  • 外部からの有害なものが入り込んでしまう

などの弊害が起こり、

それによって

お肌の様々なトラブル、

  • 乾燥
  • シミ
  • シワ
  • くすみ
  • 毛穴
  • ニキビ
  • 敏感肌

が引き起こされます。

 

例えばお肌が乾燥すると

お肌は自らを守ろうとして

全力で皮脂を出し始めます。

そうして皮脂が過剰になると

毛穴トラブルやニキビに。

また乾燥したお肌は弾力がかなり、

ターンオーバーも滞りますから

くすみやシワ。

メラニンがうまく排出されないと

シミになったりします。

また、刺激に弱い

敏感肌になったりもします。

 

なので、

お肌のバリア機能=

レンガ+モルタルが

しっかり積み重なっている構造

を保つことが、

お肌を健やかに美しく保つための

カギになるのです。

 

美肌のための過剰なスキンケアが、お肌のバリアを壊す!

じゃぁそのお肌のバリア機能、

どうやったら守れるの?

 

という疑問がでますよね。

答えはずばり、

「過剰なケアをしなければいい」

です。

 

「肌のバリア機能を保つためには、

 こすり過ぎや、化粧品のつけすぎ

 =過剰なケアをやめるべき!」

という主張を聞いたことがある方は

多いのではないでしょうか?

 

実際にその通りで、

お肌のバリア機能は

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 摩擦
  • 化粧水や乳液やクリームの中の合成界面活性剤

などによって簡単に壊れてしまうのです。

 

つまり、

スキンケアをすればするほど、

お肌の天然バリアは失われてしまうのです。

 

 

天然の保湿因子と同等の力を持つ成分はいまだ開発されていない

「え?でも、

   化粧水とかって、

    保湿成分、

   天然保湿因子に近い

   成分入ってたりするから

   つけたら補えるんじゃないの?」

 

などと思われるかもしれませんね。

 

しかし残念ながら、

ヒトの技術は

まだまだ天然モノの神秘には

敵わないのが現実なのです。

 

化粧品の成分で

天然の保湿因子を

いくらか補うことができても、

完全に外から補完できるようなものは

いまだ開発されていません。

 

 

人間の技術力はまだまだ、

天然の、

人体や生命の神秘には

足元にも及ばないのです。

 

 

たとえるなら、

人工知能(AI)がいかに発達しようと

まだまだ人間の脳にかなわないのと同じです。

時々ニュースでやってますよね。

(人工知能も将棋や囲碁は

    かなり強くなりましたし

    簡単な仕事なら任せられるように 

    なっていますが、

 まだまだ人間じゃないとダメな仕事は

 たくさんあります)

 

 

世の中の大企業がしのぎを削って

莫大な資金をつぎ込んで研究をしても、

まだ人間の天然保湿因子にかなうものは

開発できていないのです。

 

それほど、人体のしくみ、

皮膚のしくみは複雑で神秘なのです。

 

 

 

研究によっては

保湿因子のセラミドをスキンケアで

補えるという意見もありますが、

人工のセラミドは、

お肌が天然で

作り出す天然保湿因子には

まだまだかなわないのは事実なのです。

 

ですから、

スキンケアの基本は

「守り」

になります。

 

大企業の莫大な資金を

つぎ込んで研究しても

なお作り出せない人体の神秘、

奇跡の「天然保湿因子」

そして「皮膚バリア」

をいかに失わせないか、

正常に保つかに尽きるのです。

 

そのうえで、

他の美容成分で、

美白ケアなどの

「攻め」

をするかどうか?

 

このあたりが

意見が分かれるところなのです。

 

「攻め」のケアをするにも、バリア機能が正常な健康なお肌が必要

「攻め」のスキンケアには、

ビタミンCやコラーゲンなどの美容成分

を使います。

 

ちなみに、

ビタミンCやコラーゲンは

そのままだとお肌のバリアにはじかれて

入っていかないので、

肌表面で特に役に立たないまま

終わってしまいます。

(ただしコラーゲンは、

 肌表面で保湿する効果はあります。)

 

ですが、研究が盛んにおこなわれた結果、

肌バリアを通過して肌の奥まで

到達するようなしくみの成分が

色々開発されています。

たとえばビタミンCならビタミンC誘導体、

コラーゲンならペプチド、

あとはナノ化といって

お肌のバリアを抜けられるくらい

小さな成分にする技術などです。

 

 

さまざまな成分があるものの、

それらを生かすにも

お肌のバリアがない状態だと

受け入れられません。

 

要するに、

きちんと有効成分を取り入れるためにも、

お肌のバリア、

基本的なお肌の土台や構造が

正常に機能している必要があるんです。

 

どういうことかというと、

そもそも肌バリアが壊れていたら、

美容成分だけでなく

さまざまな有害物質も通過できますから

もうお肌は

「助けてええええ」

となり、一生懸命抵抗した結果

炎症が起きたりするのです。

 

この状態なのが

いわゆる敏感肌です。

 

・・・確かに、

お肌のバリアがぶっ壊れていたら、

そりゃ、

今まで浸透できなかったものも

浸透できます。

でも、

浸透するのと

効果があるのとは

また別の話です。

 

仮に肌バリアがぶっ壊れて

今まで肌バリアに

阻まれていた成分が

中に入れたとしても、

そんなお肌はボロボロの

超敏感肌。

 

美容成分以前に

もはや化粧品なんて

つけちゃいかん状態です。

 

お肌に合う化粧品は数少なく、

あれもダメ、これもダメ・・

ってなるでしょう。

メイクも、しみてしまって

できないかもしれません。

 

嫌ですよね。

嫌すぎますよね。

 

お肌のバリアが壊れてて

いいことなど1つもないのです。

 

えっ、全部無駄だったの!?化粧水では水分は補えない!

また、近年の研究で、

化粧水に含まれる水分が

お肌の水分量を増やしてくれるわけでは

ないことがわかっています。

 

お肌につけた水分は、

すべていずれ蒸発してしまうのです。

 

ちなみに、化粧水の後に

乳液やクリームなどの油分で蓋をする!

というのが常識のようになってますが、

実はそれも意味ありません。

 

肌表面に「油」

をつけて膜を張ったつもりでも、

そこには細かい隙間ができてしまいます。

そうすると、

その隙間からどんどん水分は

蒸発してしまうのです。

 

ですから、

どんなにスキンケアを頑張っても、

表面から補うだけで

内側からの潤いがなければ

時間が経つと乾燥を感じたりするのです。

 

 

でも、化粧水やクリームで

お肌が潤ってるよ?

と思う方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、

化粧水などは成分によっては

お肌を潤してくれます。

 

それは、化粧水に含まれた、

保湿作用のある

「美容成分」

のおかげです。

 

美容成分がお肌の表面で水分を保持したり

お肌の細胞に働きかけて

保湿成分を作るよう促してくれるのです。

 

 

間違っても「水」に

お肌を潤す力はありません。

 

ですから、化粧水は「水」を

補うものではないのです。

あくまで美容成分を

とりいれるために使うものです。

 

化粧水の主成分が「水」なのは、

美容成分を溶かすために

必要なだけだ、という

認識でいいです。

 

その潤い、勘違いかも?

しかし、以前の私は

「いや、でも、

 私、水で潤ってるよ!!

 だって風呂上りって潤ってるじゃん!

 なんなら精製水でもいいよ!」

って思ってました。

(そしてオイルで蓋したつもりに

 なってました 笑)

 

でもそれは、

ただ一時的に水分が付いた状態を

「潤った」

と勘違いしていたのでした。

 

恐ろしいことに、

化粧水をバチャバチャと使いまくって、

ローションパックなどしまくった後も、

お肌は一時的に潤ったように感じます。

 

なぜなら

化粧水のほとんどは「水」で

できていますから、

水をつけまくった後のようになるのは

当然ですね。

 

そりゃ、肌に水分が

のっていれば一時的に

水分量は上がるに決まっています。

 

でも、

一時的に水分が付いただけの状態であれば、

水分が蒸発してしまえば

また乾燥してしまいます。

 

お風呂出た直後にお肌の計測器で測ると

超潤ってますが、

すぐに乾燥してしまうのが

数値になって一目瞭然。

 

水は必ず蒸発するものだからです。

 

そしてお肌は

乾燥を感じます。

 

だからといって、

「じゃあ、

 常に水分を与えておけばいいじゃん!」

と、スプレー式の化粧水を

こまめに吹き付けたりするのも

よくありません。

 

なぜなら、

化粧水の水分が蒸発するときに、

お肌の水分も巻き添えにしてしまうから。

 

スプレーしない状態と比べて

余計に乾燥します。

 

化粧水を頻繁に

つければつけるほど、

乾燥がひどくなるのです。

 

だからといって、

「油分で蓋すればいいじゃん!」

と、

乳液やクリームなどで

ベタベタにするのもよくありません。

 

先ほどお話したように、

「油分で蓋」

は効果が期待できませんし、

 

お肌がベタベタになった状態では、

肌表面の角質細胞が

いつまでたっても剥がれ落ちず、

新陳代謝が起こりづらくなるという弊害もあるのです。

 

つまり、

お肌に大切な、

ターンオーバーのサイクルが

かえって乱れてしまうことになるのです。

 

 

事実、スキンケアをすればするほど肌にはダメージな可能性が

「美容に対して熱心な女性ほど、

   肌バリアが壊れている場合が多い」

これは、悲しいかな事実です。

 

一生懸命スキンケアしているのに、

何にもしてない旦那のほうがお肌がキレイ!

なんで?悔しい!!

意味わかんない!

って思ったことがある方は

多いのではないでしょうか?

 

 

その場合、

旦那さんは何もしていないがゆえに

お肌のバリアが壊れておらず、

逆に奥様のほうは

ケアをしすぎてしまったがゆえに

肌バリアが壊れてしまっている

可能性が考えられます。

 

なぜかというと、

美容に熱心な人ほど、

顔に色々つけたり、

マッサージやパッティングを

する機会も多いですよね。

そうすると、

それだけ摩擦が増えます。

 

化粧水ひとつとっても、

ふきとり、

ブースター、

マッサージ、

パッティング、

パック、

美容に熱心で詳しくなればなるほど、

さまざまなアイテムや

使い方をゲットしますね。

 

そうして色々試すと、

どんなに優しく丁寧に触っても、

何もしないのより

摩擦や刺激が多いのは明らか。

 

お肌にとっては

過剰なケアになってしまうんです。

 

徹底的にケアをしていれば、見せかけのキレイさは手に入る

ややこしいのが、

徹底的にスキンケアをしていれば、

見せかけの美肌は

一時的には

手に入るということ。

 

ただし、

スキンケアを少しでも怠ると、

一気にお肌は荒れますし、

 

美肌も一時的なもので

長続きしない場合が多いでしょう。

 

どういうことかというと、

お肌のバリアが壊れ、

表面の角質層がめくれあがっても、

強制的に水分を与えて

ベタベタのクリームや乳液でおさえつける。

 

そのクリームや乳液には界面活性剤が

入ってますから、

またますます肌のバリアは壊れ、

回復する余裕はありません。

 

でもそうすると、

一見つややかで潤った肌に見えます。

 

さらに、

お肌の状態を常にベタベタにしていると、

ターンオーバーがうまくいかなくなります。

古い角質細胞がたまってしまうのです。

 

そうするとくすみの原因になりますから、

ピーリングしたり。

 

ピーリングすれば、

たまっていた角質は取れて

一時的にツルツルの

たまご肌になります。

 

しかし、その後表面に現れた

角質層は未熟なもので、

外部刺激に弱くなっている。

ですのでシミなどになりやすいのですが、

それすらも美白成分で押さえつける。

 

美容が熱心な方は

お化粧が大好きな率も高いので、

色々とメイクをし、

それも丁寧にクレンジング。

 

そのクレンジングでまた

お肌のバリアが壊れて

それを隠すために

化粧水付けて、

油分で蓋して・・・

 

の無限ループです。

 

しかも、

それを続ければ続けるほどに、

お肌の回復力は

衰えていくことでしょう。

 

自分にとっての必要最小限のケアにすることで、お肌に余計なダメージを与えない

ですので、

このような事態を防ぐために、

いよいよ

「シンプルスキンケア」の出番です。

 

化粧水は、

つけすぎるとかえって乾燥を招く。

油分で蓋する効果はないので、

油分をつけるのは、

皮脂の分泌が足りてないときのみでいい。

 

可能であれば、

メイクも洗顔料や洗顔料で

落ちるタイプにすれば

クレンジングをしなくてよくなるので、

界面活性剤による肌バリアの破壊を

防げます。

 

このように、

  • つけすぎない
  • 洗いすぎない
  • こすりすぎない

この三つをを意識して

実践することによって、

お肌のバリアはよくなってくはず。

 

そうしてお肌のバリアが

しっかりと機能するようになれば、

お肌は真のうるおい・サイクルを

取り戻せます。

 

そしてお肌のサイクルが

本来の力を取り戻せば、

  • シミ
  • 小じわ
  • くすみ
  • 毛穴
  • ニキビ

といった、

お肌の悩み

全てが改善に向かうことでしょう。

 

究極シンプルは宇津木式!だけどそこまでいけなくても大丈夫!

ではいよいよ、

具体的なシンプルスキンケアの方法を、

どのように選んだらいいのか?

というお話になります。

 

スキンケアの手法は色々あります。

 

しかし、

私が調べた中で、

お肌の本質をとらえ、

シンプルスキンケアをするのに

役立つと思った意見は

たったの三つでした。

 

 

その三つとは、以下です。

  1. スキンケアは一切不要!
    こするな触るな刺激を与えるな!
    ・・・宇津木式をはじめとする
       肌断食派

  2. スキンケアは一通りする、
    しかし無意味なものを避けるため
    しっかり成分を見よ!
    美容成分は使う派
    ・・・吉木伸子先生の本などに詳しい

  3. スキンケアは一通りするが
    保湿メイン。
    クレンジングや洗顔料の
    洗浄力を落として、
    とにかく刺激を与えないようにする
    ・・・かずのすけさんが提唱されてる
       「オフスキンケア」というもの

 

 

私は行きつく先の究極は、

宇津木式の肌断食だと思っています。

 

しかし、一気にそこまで行けないよー

という方は、

他の二つの方法を

参考にすることに

うまく取り入れていけば、

自分に合った方法にアレンジできます。

 

よりシンプルでお肌のためになる

スキンケアを目指していけるのです。

 

①スキンケアもメイクもすべてやめてしまえ!肌断食、または「宇津木式」

概要

宇津木式は、宇津木龍一先生による

「お肌にはもともと美しい状態を

 保つ力があるのだから、

 スキンケアは基本何もするな」

という、一見極端な理論です。

 

言い換えると、

「肌には天然保湿因子という

 素晴らしい保湿剤があるのだから、

 落とさないように気を付けさえすれば

 何もつける必要はない」

ということです。

 

あまりに今までの常識とかけ離れていて、

最初に聞くとびっくりするかもしれません。

 

ですが、

実践してみると

むしろ間違っていたのは

今までのスキンケアの

常識の方だったんだと気づかされます。

 

もともと火傷の治療などをしていた

宇津木先生は、

あるとき美容ドッグというものを開設し

たくさんのお肌を見ていくうちに、

 

きちんとお手入れをしている、

美容意識の高い女性ほど

キメが壊れて敏感肌

になってしまっていることが

多いのに気が付きました。

 

そして、どんなにいい化粧水をつくろうとしても

結局お肌のトラブルが解決しなかったことから、

「何もつけない」

「洗顔はぬるめの水のみ」

という究極のスキンケア方法を

提唱するに至りました。

 

このスキンケア方法は

「肌断食」

とも言われ、

いろいろな人がアレンジしたりもしています。

週末のみ肌断食・夜だけ断食

などいろいろありますが、

肌断食の基本は

宇津木式です。

 

すなわち、

週末だけ夜だけと言わず、

金輪際化粧品は使わないという、

完全形です。

 

他の肌断食を試すにしろ、

宇津木式の基本をしっかり

理解していないと

うまくいかないばかりか、

 

肌荒れがひどくなり

手が付けられない状態になったり、

一時的な肌状態の悪化に耐えられず

もとのスキンケアに戻してしまう人が

後を絶ちません。

 

ですから、しっかりと

その理論やメカニズムを

知っておくことが大切になります。

 

以下にポイントを箇条書きしますね。

ポイント
全ての肌トラブルは、お肌が健康な状態になれば解決する
解決しないのは皮膚病なので医者へGO
化粧水・乳液・クリームなどは一切必要ない
洗顔は朝晩ぬるめの水で洗うだけ
その際も絶対にこすらない
お肌につけていいものはワセリンのみ
ワセリンもベタベタしたらアウト。
ファンデーションもゆくゆくはやめるべき
どうしてもやめられなければ、できるだけシンプルな成分のパウダータイプのみ可、下地も×
ポイントメイクは可、だが石鹸やお湯で落ちるものみ
メイクをした日は、よく泡立てた純石鹸でこすらず落とす
もちろんそのあとは何もつけない
粉を吹いたときだけワセリンを薄ーく塗る
最初は皮脂が過剰分泌したり乾燥したりするが、時がたてば落ち着き、必ず健康な肌になる

参考図書

  • 宇津木式スキンケア事典
  • 肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法

など

 

肌断食・宇津木式まとめ

この方法はとても理にかなっていて、

チャレンジして美肌を手に入れた人も

たくさんいます。

 

普段からメイクが薄い、

すっぴんでも問題ない人や

一時的に肌荒れしても大丈夫!

という人は、

思い切ってすべてやめて、

腰を据えて宇津木式を試してみるのを

お勧めします。

 

ですが、あまりにも今まで信じていた

スキンケアの常識とかけ離れていて、

正直ハードルが高いわーと

感じるのではないでしょうか。

 

しかし、お肌の仕組みや

基本的な肌断食のことを理解するために、

宇津木先生の本は一冊は読んで

損はないと思います。

 

きっとお肌やスキンケアに対する

意識や理解が変わります。

 

次に紹介するのは、

今までの

スキンケアの常識に近いものです。

コチラのほうが、

皮膚科や専門家の間でも

今スタンダードかなと感じます。

 

「吉木伸子先生」などの本にみる、「正しいスキンケア」

概要

吉木先生が提唱するのは、

シンプルというか、

「正しい知識を持って、

 正しいケアをしましょう」

という姿勢です。

 

盲目的に「常識」と

されるものに従うのではなく、

きちんとお肌のことを知ったうえで、

自分に必要なケアを取捨選択する大切さを

私は教わりました。

 

吉木先生は皮膚科のお医者さんで、

テレビにも多数出演されていて

とても人気のある方です。

その著書は多くの人に読まれています。

その著書の内容は、

お医者さんらしく、

きちんとエビデンスが取れたもの。

最新の研究でわかってきた

「化粧水で潤し油分で蓋はできない」

など、正しい新常識を

教えてくださってます。

ポイント
お肌のトラブルには美容成分とやさしいピーリングで対応
他にも体の中から整えるなど総合的に行う
たとえばでき始めのうすいシミ(日焼けによるものなど)は美白有効成分で対処できる
化粧水は美容成分を取り入れるのが目的
美容成分のおすすめはビタミンC誘導体
化粧水の水分で肌は潤わない
水分を油分で蓋、は不可能
成分をしっかり見て選ぶべし
洗顔は固形石鹸で余計な成分が入っていないものを選ぶ
クレンジングは洗浄力の優しいクリームタイプがおすすめ
ファンデはパウダーがいい

参考図書

  • 「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」など
  • 「一生ものの美肌をつくる 正しいエイジングケア事典」
 

吉木先生の本などに見る「正しいスキンケア方法」まとめ

吉木先生の著書などはまさに王道、

「事典」と呼ぶにふさわしい内容に

なっており、今までの

世の中のスタンダードを

正しいエビデンスの取れた知識で

アップデートしてくれてあって、

とても勉強になります。

 

また、美容成分についても

いろいろ詳しく解説されています。

たとえば「美白有効成分」

美白っぽいネーミングの商品でも、

きちんとした「美白有効成分」

が入っていなければ意味がないのです。

それらを見分けるための、

成分の解説などはとても役立ちます。

 

宇津木先生と違うのは、

「ピーリング」で

さまざまなお肌のトラブルに

対処できるとしているところ。

 

※こすり落とすような

 物理的なピーリングではなくて、

 酸の力でやさしく

 肌表面の古い角質だけ溶かすような、

 ごくごく優しいピーリングを推奨されてます。

 

宇津木先生だったら

「ピーリングなんてとんでもない!」

って言うと思います(笑)

 

私個人の意見としては、

宇津木式などを始める

またはしているのであれば

ピーリングは一切不要です。

 

しかし、すぐにそこまではいきつけず、

普通のスキンケアをしている段階で、

お肌の表面に古い角質が

溜まっているようであれば、

何度かか優しいピーリングをして

新陳代謝を促してあげることはアリです。

その場合もお肌の様子を見ながら、

決して刺激にならないようにしましょう。

 

「かずのすけ」さんのブログや著書に見る、とにかく刺激を与えないように洗浄料を下げていく「オフスキンケア」

概要

かずのすけさんは、

ブログなどで

「オフスキンケア」という概念を

紹介されています。

コチラのブログや

コチラのサイト、

あとは著書

(下記でご紹介します)

なんかもわかりやすいです。

 

その主張をざっくり言うと

「クレンジングや洗顔料の

 洗浄力を落として

 お肌のバリアを壊さないようにしよう」

という概念です。

 

言い換えると、

「美容成分などを足し算するのではなく、

 不要な洗浄力や刺激等を

 『引き算』していく美容をしよう」

という考え方です。

 

かずのすけさんは、

もともと界面活性剤の研究などを

行っていた科学者さんです。

そのブログは大人気で、

著書も多数出版されています。

 

余談ですが、

お肌のキレイなイケメンさんです。

あと手もキレイ。

いつもみるたび、

「いいなーキレイなお顔だなー」

と思ってます(笑)

 

1990年生まれだから

まだ20代でお若いですが、

あの美肌をキープしたまま

ぜひ美魔男子(?)になってほしいですね!

 

ちなみに、先ほどご紹介した

宇津木先生も吉木先生も

とってもきれいなお肌をされていますよ!

ポイント
美容成分を足し算するのではなく、「引き算」の美容が大切
純石鹸は洗浄力が強いのでデメリットが多い
界面活性剤は必ずしも悪いものではない
クレンジングは「酸化しにくい油脂」ベースのものを
適正な洗浄力・低刺激の洗剤を使っていれば肌は正常になる
保湿はしていい。セラミドなどの保湿成分を使った化粧水のみつかう
肌荒れに耐えてまで肌断食しなくていい、もしやるのであれば段階的に

 

参考図書

「間違いだらけの化粧品選び 自分史上最高の美肌づくり」

「オトナ女子のための美肌図鑑」

どんな敏感肌でも美肌になれる! オフスキンケア

など

 

かずのすけさんまとめ

この考え方で画期的なのは、

クレンジングや洗顔は、

成分を選びさえすれば

継続できるということ。

宇津木先生のように

「ベースメイクとクレンジングをやめなさい」

と言われても、

いきなりやめられない人は

多いでしょう。

 

そんなとき、

かずのすけさんが提唱して

くださっているように、

今までの

クレンジング・洗顔・化粧水など

といった工程数は変えず、

洗浄力を落とし、

刺激を減らしていく、

という方法は

とても画期的だし、

チャレンジしやすいものだと

思いました。

 

ちなみに

私はかずのすけさんの

この考え方を知って、

「めっちゃ女心わかってるな!」

と思いました。

おそらく化学や美容の知識だけでなく、

消費者のニーズや

心理を把握するのに長けた、

商売のセンスもある方なのだと思います。

 

いいなぁー。

若いのにしっかりしてるなぁー。

人間って年は関係ないのねー。

って思いました。

 

ちなみにですが、

先ほどご紹介した本の

「オトナ女子のための美肌図鑑」

に出てくる女の人の絵が

悪意ありすぎてヤバいです(笑)

軽くショックを受けるかも(笑)

でも私は好きです(笑)

でも面白いし、

とってもいい気付きを得られますので

興味あったら是非読んでみてください。

 

 

 

では自分に合った方法はどれだろう?

いかがだったでしょうか?

それぞれの違い、わかりましたでしょうか。

 

宇津木式(肌断食)の特徴は、

「とにかく水洗顔以外なにもするな」

吉木先生は、

「基本やさしくシンプルなスキンケア、

 必要あれば美容成分は取り入れるべし」

かずのすけさんは、

「スキンケアは保湿のみ、

 洗顔とクレンジングの洗浄力を落とすべし」

と、こんな感じでしたね。

 

とにかく一致しているのは

「洗浄しすぎは肌にダメージ」

「スキンケアはできる限りシンプルに

 (摩擦などの余計な刺激は防げ)」です。

 

しかし、

「えっ、結局純石鹸はいいの?悪いの??」

「クレンジングは結局ミルク?

 オイル?使っちゃダメなの??」

などと混乱しますよね。

 

でも、結局本質はどれも同じ。

結論は、

「自分に合った段階の方法をとればいい」

言い換えると、

「それを行って自分の肌の調子が

 良ければそれでいい」

です。

 

当たり前と

思われるかもしれませんが、

結局やはりそれがすべてです。

 

「結局、試すしかないんかい!」

と思われるかもしれませんが、

そうです。

 

しかし、やみくもに

いろいろな方法を試すよりも、

自分のお肌の状態を考えて

ある程度あたりをつけてから

試せば、

試す回数もぐっと減らせますし

自分にとっての正解に

たどり着くスピードは

段違いに違うと私は

感じました。

 

基本に立ち返ると、

大切なのは

「肌本来の力を奪わない、

 肌本来の機能を整える」

これに尽きます。

そのためのアプローチが、

いろいろな方法論があるだけなのです。

 

ですから、

  • メイクもそんなに必要がなく、
    取り組む余裕があるなら「肌断食」

  • いきなり肌断食はちょっと・・・
    美容成分もやっぱり使いたい!というのなら、
    吉木先生の本などを参考に、
    美容成分を取り入れていく。
    (肌に無理や刺激がない範囲で)

  • それでも刺激が強かったり
    敏感肌が続く、けれどもメイクはやめられない!のなら、
    かずのすけさんの著書などを参考に
    洗浄力を極力抑えたクレンジング&洗顔、
    そして「守り」に徹した保湿ケア

をそれぞれ選ぶとよいと思います。

 

結局、純石鹸はいいの?悪いの?

ちなみに、

純石鹸を使っていいか悪いか?

に関しては、

「純石鹸の刺激や洗浄力が平気なら

 純石鹸で構わない」

です。

 

というのも、

洗浄力の強さで言えば、

 

強力なクレンジング・洗顔料

>>

純石鹸

>>

洗浄力のやさしいクレンジング・洗顔料

 

となります。

ですから、

何も考えずにクレンジングや

洗顔料を使うよりは

純石鹸にしたほうがはるかにましな

パターンが多いです。

 

しかし、純石鹸よりも

刺激が少ないなど

優しい洗浄料もあります。

 

ですが純石鹸のほうが

圧倒的に安いです。

(それと、

 汚れが落ちるかどうかと

 洗浄力のやさしさとの

 バランスも考える必要があります)

 

ですので、

一番コスパがいいのは、

メイクを

「石鹸またはお湯で落とせる」

ものにして、

クレンジングをやめて

泡立てた純石鹸で

クレンジングと洗顔を

一発で済ませることです。

 

(メイクを落とす必要がない朝は

 ぬるま湯のみの洗顔で十分です。)

 

 

管理人・ひとみの個人的見解・おすすめ!

私が選んだのは、

  • メイクは純石鹸で落としクレンジングはなし
  • ビタミンC誘導体入りの化粧水のみ
  • ピーリングは刺激が出てしまい合わなかったのでやめた

なので、要は

「化粧水をつけるだけ」

です。

 

私のスペックは

現在下の子が小さいため

仕事をしておらず、

外出は上の子の幼稚園の送り迎えのみ、

会ったとしても気心知れたママ友や

ご近所さんぐらいなので、

ほぼ薄化粧やすっぴんでも

そんなに気になりません。

 

(シミが気になってた頃は

 気にして厚化粧してましたが、

 今は肌に悪かったなと思います。

 石鹸で落とせるコンシーラーもありますので

 そちらを使えばよかったと思ってます。)

 

今の私のような状態で、

特にシミ等のトラブルもないのであれば

「肌断食」

に一気にチャレンジしてみるのが

おすすめです。

 

でも私は

以前シミに悩んでいて、

いきなりすべてのスキンケアをやめる!

という境地に達することは

できませんでした。

 

ですので、

美容成分、美白も期待できる

「ビタミンC誘導体」

の化粧水を取り入れて、

 

メイクは薄くするのみ、

クレンジングはやめ、

洗顔も純石鹸のみの

できる限りシンプルな

洗浄にするという方法をとりました。

 

その結果、

シミも改善してきて、

以前とは比べ物にならないくらい

キレイなお肌になり、

乾燥などのトラブルからも

解放されました。

 

使っているスキンケア化粧品は、

化粧水一本だけですが、

最近では洗顔後慌ててつけなくても

突っ張る感じはなく、

美白効果を期待してつけているだけ、

という状態です。

 

そろそろ、

化粧水もやめて

本格的な肌断食に移行することも

考えています。

 

チャレンジしたらまた

その経過など

ご報告しようと思っています。

 

自分に合った方法を見つけるために、自分の肌の状態を見極める

 

しかし逆に言えば、

化粧品を全部絶たなくても、

肌が健康でいられれば

問題ないのです。

 

極端に言えば、

シンプルでない

ゴテゴテのスキンケアをしていても、

それでお肌の状態が健康に

保ててるなら問題ないんです。

(ただ、マイクロスコープなどで

 よくよく見ると、肉眼では見えないレベルで

 炎症を起こしてたりキメが乱れまくっていたり

 する人が多いですが。)

 

宇津木先生は、

マイクロスコープで肌表面のキメを

定期的にチェックすることを推奨しています。

 

私もマイクロスープを使っていますが、

ぱっと見ではわからなかった

  • 肌のキメがなくなっている様子
  • 細かい炎症

などがよーくわかるようになりました。

 

 

そういった方法で、

自分の肌の状態を把握することが大切ですね。

自分の肌の状態がわかれば、

今のケアでいいのか、

洗いすぎかもしれないから

もうすこし落としやすいファンデーションに

変えてみようかとか、

やっぱり現時点で保湿が足りていないから

ひとまずセラミドで補おう、

などの作戦が自分で立てられるというわけです。

 

シンプルスキンケアの原理をしっかり知って、

知識を持って肌のことを知ればいいのです。

マイクロスコープとか

そんなそこまではちょっと、

と思っても大丈夫です。

 

ちょっと肌状態がわるいかもしれない、

という自覚があったら、

まずはクレンジングや洗顔を

純せっけんや洗浄力の弱いものにする。

 

ベースメイクを石鹸で落とせるものにして、

純石鹸でこすらないように洗ってみる。

 

そして、洗顔後の乾燥具合を見ながら、

必要であれば化粧水だけ使う。

 

やっぱり乾燥してしまうようなら

乳液やクリームをつけるけれども、

今使っている乳液やクリームが終わったら、

それをワセリンに切り替えるのもいいと思います。

(ワセリンは界面活性剤が含まれておらず、

 酸化しにくく、

 無駄にお肌になじんだりしないので

 おすすめです。)

 

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたが、

お付き合いくださりありがとうございました!

 

私はプロフィールに書いたように

のっぴきならない事情で

シンプルスキンケアに挑戦することになったのですが、

 

最初変化するときは

なれない感覚に戸惑いましたし、

正直大変でした。

 

ですので最初は

めんどくさいと思うかもしれませんが、

一度習得すれば、

こんなに楽ちんなものはありません。

また、

ワセリンや純石鹸は数百円で買えますので、

家計にも優しいです!

 

 

お肌が傷んでしまうのは

 

間違ったスキンケアをしすぎる人

<<<<<<<<<<<

全然スキンケアしない人

<<<

正しくしてる人 

 

の順です。

 

人間として、

一人の女性として、

丁寧にお肌に向き合う姿は

本当に魅力的です。

 

しかしこんなにも、

様々な美容の製品や知識が

氾濫してしまっているせいで。

素敵な女性のお肌が、

ケアすればするほど蝕まれていくだなんて!

と思うと私は憤りを覚えます。

 

一生懸命スキンケアをしているのに

かえって肌を痛めつけているとしたら、

なんて悲しいことでしょうか。

その努力が報われないなんて、

とても理不尽だし悲しすぎると思うのです。

 

だからこそ、

自分に合った方法を見つけられる人が

増えますように、

と願っています。

 

知識を持って実践すれば、

健康はお肌は必ず手に入る!

と私は思いましたので、

この記事が

ひとりでも多くの方の

お役に立てたら嬉しいです。

 

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

顔面がシミだらけ

だった私。

どうせ他人は

そんな気にしてないだろうと

たかをくくっていたら

 

ある時、そのシミが、

隠しきれていない

ことが発覚。

 

シミのせいで

老けて見える!

シミを隠すために

厚塗りすると

もっと老けて見える!!

 

嫌だ――――!!

シミを消したい!

そう思った私は

あの手この手でシミに戦いを挑むも、

惨敗・・・。

 

どんどんなくなっていく自信。

シミのせいで後ろ向きになり、

夫婦喧嘩、

家族の危機、

家庭崩壊!?

あげく入院・・・

 

一時はシミに打ちのめされ、

もはやこれまでか、

と諦め、

絶望のどん底に。

 

しかし!


救世主が現れたのです。


その運命の出会いにより、

私の人生は大きく変わりました。

 

シミとの戦いに終止符を打ち、

見事、

ハッピー素肌とハッピーライフを

手に入れることができたのです!!

 

そんな私の、

ちょっぴり笑えるプロフィール、

シミとの戦いの歴史!

美肌へのサクセスロード!

人生180℃回転ストーリー

コチラからお楽しみください☆

 

↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ 

「ハッピー素肌☆ハッピーライフ伝道師・ひとみの物語」