お肌だけ、老化を防止しても意味があるの?

 

シミ。それは老化の表れです。

一番一般的なシミは「老人性色素斑」と言います。

 

・・・老人性なんて嫌な名前ですが、私は自分のシミがこの名前でよかったと思います。

なぜなら、「老人なんて失礼な!私はまだまだいけるんじゃい!」と怒りを覚え、「このシミ何とかしなきゃ」と思えたからです。

対策をすればシミはきちんと押さえることができます。

もし、シミが「キラキラオトナ女子マーク☆」とかいうネーミングだったら、「うふっ、私もキラキラオトナ女子ね☆」と思ってしまってシミ対策を一切しなくなっていたと思います。

そして数年後はますますシミだらけ・・・。

何も対策をしなければシミはどんどん増えていくだけですからね。

 

「私はもう年なんだ」なんて落ち込む必要は一切ありませんが、シミは老化現象の始まりなんだ、という知識があるだけでも意識が変わります。

 

シミ対策は、つきつめれば身体全体のアンチエイジングである

 

コチラの記事コチラの記事などでもご紹介しましたが、シミの原因の多くが「何らかの理由でターンオーバーが追い付かなくなり、メラニン色素が排出されなかった」ことです。

(糖化や酸化などにより、居座るシミができてしまうというのもありますね)

要は、新陳代謝の低下が原因です。

新陳代謝が低下する原因は、ずばり老化です。

 

・・・考えてみれば、夏休み、真っ黒になってキャッキャと遊んでいる子供たちにシミはできませんもんね。

(今はこどもも紫外線対策をしたほうがいいんですけどね。)

 

シミは早いと20代から出てきますが、まだまだ関係ないと思っていても、老化の足音は聞こえているのです。

高齢化の時代、いつまでも元気にいるためにも、「アンチエイジング」という言葉は意識しておいたほうがよさそうです。

 

お肌の表面からいくら新陳代謝を促進しても、体の中が老化していたら意味がない

じゃあアンチエイジングの化粧品を!

・・・と思っても、ちょっと待って。

お肌の表面から塗って効果のあるものもありますが、こと新陳代謝に関しては、体内が健康でないとつくられるお肌も作られません。

(表面の角質層を薄く剥がしてターンオーバーを早める、という手法はありますが。→自宅でできるピーリング方法まとめ

 

「アンチエイジングなんてまだまだ早いわ!」と思える年代ならなおさら、体の中から変えていけるチャンスです。

日々の食事を変えて、体の中から新たなシミが増えないように、ずっと健康でいられるように気をつけるのが、実は一番効率がいいのです。

何より、体の健康が一番ですしね。

紫外線対策と美白化粧品も並行してケアしていけば、気になるシミも減っていくことでしょう。

 

 

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

顔面がシミだらけ

だった私。

どうせ他人は

そんな気にしてないだろうと

たかをくくっていたら

 

ある時、そのシミが、

隠しきれていない

ことが発覚。

 

シミのせいで

老けて見える!

シミを隠すために

厚塗りすると

もっと老けて見える!!

 

嫌だ――――!!

シミを消したい!

そう思った私は

あの手この手でシミに戦いを挑むも、

惨敗・・・。

 

どんどんなくなっていく自信。

シミのせいで後ろ向きになり、

夫婦喧嘩、

家族の危機、

家庭崩壊!?

あげく入院・・・

 

一時はシミに打ちのめされ、

もはやこれまでか、

と諦め、

絶望のどん底に。

 

しかし!


救世主が現れたのです。


その運命の出会いにより、

私の人生は大きく変わりました。

 

シミとの戦いに終止符を打ち、

見事、

ハッピー素肌とハッピーライフを

手に入れることができたのです!!

 

そんな私の、

ちょっぴり笑えるプロフィール、

シミとの戦いの歴史!

美肌へのサクセスロード!

人生180℃回転ストーリー

コチラからお楽しみください☆

 

↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ 

「ハッピー素肌☆ハッピーライフ伝道師・ひとみの物語」