ご覧くださりありがとうございます、

ハッピー素肌☆ハッピーライフ伝道師です!

 

今日は、

私のスキンケアへの

考え方が変化した体験談です。

 

スキンケアのアイテムや段階を省き

シンプルにすることに対し、

以前はいろいろな

不安がありました。

「スキンケアは本来、

 たくさん丁寧に

 アイテムもたくさん使って

 やらなきゃいけないもの!」

ていう思い込みがあったからです。

 

でも実際に思い切って

シンプルなケアを実践してみたら、

なんの心配もいらなかった!

とわかり、

心が軽くハッピー

になったので、

そのことについて詳しく

お伝えしていきますね!

 

スキンケアを厳選してシンプルにしたら、ハッピーになれた。

以前は

スキンケアはきちんと時間をかけて

沢山のアイテムを使って

やらなきゃいけない!

って思っていました。

 

でも忙しさなどから中々できなくて、

そんな自分が情けなく、

無意識に自分自身を責めていました。

 

そして、

お肌の調子がイマイチで、

自分に自信が持てずに、

毎日気持ちまでイマイチに過ごしてました。

 

でも今は違います。

お肌の調子は

以前と比べてとてもよくなり、

シミは薄く、

乾燥による小じわやくすみが消えて

パッと明るくなり

肌触りもとてもよくなって、

気分までウキウキハッピーです。

 

私は、いま、

スキンケアに

1日3分もかかりません。

それは、

純石鹸のみでメイク落としも洗顔も済ませ、

化粧水つけるだけ、という、

超シンプルなスキンケアにしたからです。

 

クレンジングも、

乳液も

クリームもオイルも

一切やめました。

 

でも、以前は

そもそもそんな、

「スキンケアを省いて

 シンプルにしてしまえ」

なんて風には思えなかったのです。

 

 

「きちんとスキンケア

    しないなんて、

 きれいになれるわけない!

 そんなん女捨ててる!

 女失格!」

みたいに思ってました。

 

だって、

世の中、

雑誌を見ても、

ネットを見ても、

「丁寧にスキンケアするのがステキ女子」

「お手入れを怠ると、女子力下がる」

「女子力下がるとキレイになれない

 (オバサン化・干物女化)」

みたいな

暗黙の了解というか、

そういう常識がありますよね。

少なくとも私はそう感じていました。

 

日本の美容界では、

だいたいスキンケアの枠組みが

決まっています。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 乳液
  5. クリーム(orオイル)

この5段階です。

これが

「最低限」とされてます。

ここから、必要に応じ、

  • プレ化粧水
  • ふき取り化粧水
  • 美容液
  • メイクの上から使える
    日中用の化粧水
  • 週1のパック
  • 毎日のパック
  • 月2~3回のピーリング

などなど、

無限に追加されていきます。

 

もういろんな会社が、

いろんな使い方のアイテムを

作って、

あれがいいとか

これがいいとか、

いろんなものがあって、

わけわからなくなって

目移りしてしまいますよね。

 

スキンケア用品を選ぶといっても、

だいたい上記の基本の枠組みから

外れない範囲で、

それぞれのアイテムを選ぶ、

ということになります。

 

そっから必要に応じて

プラスのケアを

追加していきましょう、

という感じですね。

 

どこの雑誌を見ても、

美容関係者に聞いても、

そのように言われることが多いです。

 

ちなみに、

オールインワン化粧品

というのもありますが、

それは

「化粧水・乳液・クリーム」

全ての機能が入ってますよ!

と説明書きがあります。

 

つまり裏を返せば、

「化粧水・乳液・クリーム」

を、本来は省いてはいけない、

という前提の上に

成り立ってる商品です。

 

だからやっぱり、

本当は化粧水・乳液・クリーム

 一つずつやったほうがいいんだろうな

なんて私は思っていました。

 

ラクさにひかれて何度か使いました、

オールインワン。

 

でもオールインワン化粧品を使っている間、

心のどこかで

私はラクしてサボっている

という罪悪感にも似た気持ちが

どうしても拭えなかったんです。

 

お肌の調子も

よくなりませんでした。

 

お肌の相談を美容の専門家、

美容部員さんとか

エステティシャンさんなんかにすると、

たいがい、

「〇〇というアイテムを追加しましょう」

って言われたり、

「もっと時間をかけてパックしましょう」

って言われたりします。

 

さらに、

雑誌やテレビなどのメディアで、

「丁寧に時間をかけて、

 いろんなスキンケアの

 段階を重ねてる

 女性はステキ!」

とか、

「女性なら当然、

 これらの工程を

 省かずにやってるよね?」

「キレイな女性は

 みんなやってるよ!」

みたいな常識が

さりげなく刷り込まれて

きたりして。

 

だから私は

キレイになりたいなら、

 スキンケアの量や時間や段階を

 どんどん増やさなければいけないんだ!」

って思ってしまっていました。

 

 

きちんと行程を踏んだ

丁寧で時間をかけた

スキンケアをする。

過去、私は、

そんなスキンケアライフに

憧れてすらいました。

 

それは私にとって、

理想の女性像でした。

例えばですが、

仕事でキラキラ活躍して、

帰ってきて、

 

いい香りのする入浴剤を入れて

コントレックスとか

エビアンとかの

ミネラルウォーターを飲見ながら

半身浴でデトックス。

 

そしてお風呂上りに、

きれいな鏡台で

鏡をみながらスキンケア。

パック、

ブースター、

美容液・・・

丁寧に丁寧に顔や手足を

マッサージして、

自分自身に触れながら

アロマの香りで満たされた部屋で

音楽聞いてリラックス。

 

そんな風にして、

ピカピカに自分を磨きあげる。

そしてゆったりと満足した気持ちで

眠りについて、

翌朝またさわやかに目覚めて

お仕事もプライベートも私らしく頑張るぞー☆

って、

毎日キラキラ生きているような

「女子」

にあこがれていました。

 

そんな風に

時間も手間もお金もかけて

スキンケアする女性はステキ!

キレイな女性はみんなそうしてる!

っていう風に、

私は思い込んでいたんです。

 

そして、

それができない自分に

苛立ち、

罪悪感と劣等感を

感じていました

 

時間や手間やお金をかけて

丁寧にスキンケアできない私は、

素敵な女性じゃない!

キレイになれない!

って、勝手に思ってたんです。

 

現実は、

独身時代(OL時代)の私は、

「丁寧にスキンケアやりたいけど

 だるいし時間ないわー!

   このままじゃワタシ干からびちゃうー!

 もうやだー、私女捨ててるー?

   仕事なんて早くやめて、

   のんびりスキンケアしたり

   一日中半身浴してたいわー!

   あー明日有給取ろうかなー」

なんて、思ってました(笑)

実際有給取る勇気はなかったんですけどね。

 

そして翌朝は、

お肌の調子もあんまりよくなくて、

お化粧のノリの悪くて

テンション最悪。

 

さらに、

前日「有給取りたい」

なんて思ったせいか

やる気があまり出ず、

もともと不器用で口下手なのもあり、

・仕事であんまり活躍できない

→ 凹んで帰ってくる

→ ダルくてベッドにゴロン

→ 寝落ちして、またスキンケアできなかった・・・

→ またお肌悪化しちゃう・・・と罪悪感

→ 凹む、やっぱり今日も仕事休みたい〜

→ やる気ないので仕事がはかどらない

という負の無限ループ、

ダメダメな日々を

過ごしていたのでした。

 

 

きちんと丁寧な

スキンケアできなかった日は

「ああ、またサボってしまった、

 そのせいでお肌が汚くなってしまう・・」

というような罪悪感

「私はダメな女だ・・」

という劣等感

感じてしまっていたのです。

 

その後結婚して子供生まれたら

子育ても忙しくて

きちんとスキンケアの時間が

とれなくって、

そんなとき、そんな

自分の心を見て見ぬふり

して、気持ちに蓋をしてましたが、

それでも、ちょっと

苦しかったんです。

 

私はダメダメだから、

本来はやらなくては

いけないスキンケアが

できていないんだ

私はサボってばかりで、

なんてダメな女なんだろう。

って心のどこかで

いつも自分を責めてたんです。

 

ですが、

シンプルなスキンケアに出会って、

お肌の調子がものすごくよくなって、

その考えは変わりました。

 

自分を責める必要なんて

何一つなかった。

ただ、

自分に合った

スキンケアの方法が

きちんとわかっていなかった

だけだったんだ!

ってわかりました。

 

そして上記の

罪悪感や劣等感から

一気に解放されたんです。

 

 

スキンケアというものは、

自分のライフスタイルや

お肌に合わせて、

省けるものは省いていいし、

どんどんシンプルに

しちゃっていいんだ!

 

誰かの決めた

「常識」に

とらわれる必要なんて、

なかった。

 

それでよかったんだ!

 

って思いました。

 

それに気づいた後の私は、

心がとっても軽くなって、

ハッピーな気持ちになりました。

 

そうしたら、

不思議なことに、

家事などがとっても

はかどるようになりました。

 

気持ちが軽くなって、

自分の中で

「本当に大切なこと」

取捨選択できるようになって、

目の前の作業に

集中できるようになったんです。

 

それは思わぬ副作用でした。

 

なぜか、

今まで苦手で

よく失敗していた

卵焼きも、

失敗せず

キレイに焼けるように

なりました。

 

洗濯ものを干すのや

掃除洗い物など

苦手だった家事も、

パパっと効率よく

終わるようになってきたんです。

 

もちろん、

お肌がキレイになって、

気持ちが明るく

前向きになれた影響も

あるかとは思います。

 

ですが、

「本当に自分に必要なもの」

だけを使うことで

生活だけでなく

気持ちもシンプルになれた

ことも大きかったな、

と思うんです。

 

今は子どもが小さいため

仕事はしていないですが、

きっと復帰したら、

以前ダメダメだったOL時代よりも

はるかに仕事ができそうな気がします。

今のほうが、

気持ちも頭も

スッキリして毎日過ごせているからです。

数年後、

下の子が幼稚園に上がったら

復帰する予定なので

楽しみです。

 

こんなふうに、

「スキンケアは

 できる限りシンプルに

 すべき!」

このことに気づいて実践したことで、

私の心は軽く、

超ハッピーになって、

人生が1ステージあがれた、

変われた!

そう感じたんです。

 

スキンケアは、手をかけりゃいいってもんじゃないけど、シンプルに踏み切るのは正直不安で躊躇してた

しかし、私も、

何の迷いもなく

スキンケアをシンプルに

できたかというと、

実はそうではないんです。

心の中では不安があり、

葛藤がありました。

 

コチラのプロフィール

第4話にもあるように、

お肌のことを知って、

やりすぎのスキンケアはいかんと知った私は、

化粧水付けるだけという

超シンプルなスキンケアにしました。

そうしたら、

お肌は今までより綺麗になりました。

 

理屈を知ってしまえばそれは当然で、

手をかければかけるほど、

お肌のダメージにもなりかねないんです。

それに関しては、コチラの記事でも触れてます。

 

しかし、

その理屈を知って、

「スキンケアやりすぎはいけない」

「シンプルに工程を省いてしまえ」

と思っても、

ある不安が拭えなかったんです。

 

「そんなことしたら、

 私は女性として終わるんじゃないか。」

「今よりも、もっともっと、

 オバサン化してしまうんじゃないか。」

そんな不安です。

 

なぜなら、

先ほどの章でもあったように、

「女性は当然、

 何工程も重ねるスキンケアを

 頑張るもの」

「キレイな人はみな

 そういう時間と手間をかけた

 スキンケアをしている」

っていう刷り込み

思い込み

根深くあったからです。

 

また、

シンプルなケアを決意した

頃の私は、子育てに追われて

スキンケアの時間が取れないという

経験をしてきました。

 

そんな中

あえて

「スキンケア省いてシンプルにしよう!」

とする行為は、

自分の中の

「スキンケアめんどくさいからサボっちゃえ」

とか

「どうせ年だから、

   スキンケアする意味ないだろー」

っていう声を

認めて増長させてしまうようで、

怖かったんです。

 

そんな声に飲み込まれたら、

どんどんサボり癖が出て、

スキンケアだけじゃなく

他のいろいろなことに関しても

「美意識」

が下がってしまうような

恐怖感があったし、

自分の見た目のことを諦めてしまい

「オバサン化一直線」

が加速するような、

そんな不安があったんです。

 

シンプルスキンケア

=サボり

なんじゃないかって

思ってたわけです。

 

でも結果的に、

そんなことは

ありませんでした。

シンプルなスキンケアにしたら

お肌はきれいになったし、

かえってオシャレもメイクも

楽しめるようになりました。

だから、

「これでよかったんだ!」

って思ったのです。

 

シンプルなケアは、

サボりではない。

そう思ったのです。

 

むしろ以前よりも

お肌のことは気にかけているし、

スキンケアにかかる時間とお金は減ったけれど、

お金と時間をかけていた頃よりも

自分の肌としっかり向き合って

お肌を大切にできているのです。

 

真の女子力は、不要なものを切り捨てたところにある

それで私は、

必要なものと不要なもの

見分けて賢く

取捨選択していく力。

それこそが、

真に女性を輝かせてくれる

ことに繋がる

「女子力」であり、

女性として目指すべき姿だと、

そう思ったんです。

 

私は、過去の私は、

スキンケアの工程を省くなんて、

ガサツだし、

女性らしくない。

オバサン化一直線だ!

って思っていました。

 

女性らしくて

女子力高くて

ステキで、

キレイになるためには、

スキンケアは

しっかり手間と時間をかけて

自分をきちんと

磨かねばならない、

そう思ってました。

 

 

でも違いました。

 

スキンケアにおいて

私にとっていらない工程、

クレンジングとか、

乳液とか、

クリームは、

むしろ省くべきだったのです。

そのほうがお肌はきれいになりました。

 

そうつまり、

自分にとって

無駄なスキンケアは

省けるだけ省く!

そんな潔い決断ができること。

それが美肌という結果につながり、

 

真に女性らしさを

楽しんで生きられて、

人生が充実していくことに

繋がっていくのかなと

と思いました。

 

そんな姿勢や、

そうして得られた

「本当に自分にとって

    必要な数少ないコスメ」

でケアする、

そのことが、

丁寧にあれやこれや

時間と手間をかけてスキンケアするよりも、

実は、

女性をキラキラと、

輝かせてくれるんだ!

と、そう気が付きました。

 

余計なスキンケアは

はむしろ、

本来の肌の力を

覆い隠してしまう。

 

「余計なもの」

は本来の女性の魅力を

覆い隠してしまう、

そう感じました。

 

大切なのは結果です。

 

大事なのは

お肌がきれいになるかどうか。

 

 

もしスキンケアをやめたり

シンプルにしても

お肌が変わらないか

むしろきれいになるのだったら。

 

丁寧にスキンケアしてる時間は

はっきりいって無駄です。

 

無駄だったんです。

 

過去の私に、

無駄な時間と労力使って、

 得られもしない女子力求めて、

 お前バッカじゃねーの!!!

 

・・・って言ってやりたいです!

 

タイムマシーンで

本当に過去の自分に

言いに行けたらいいのに!

 

 

だってその無駄に使う時間、

例えば、

メイクやファッションの研究に回したほうが

よほど見た目は磨けるし、

お料理の勉強したら、

意中の彼もイチコロ(笑)だった

かもしれないですもんね。

 

ああちょっと、

人生損してたかもしれない!

って思います。

 

 

なんであんな間違ったスキンケアできれいになれるって信じてたんだろう?

そもそも、

「きちんとスキンケアしないなんて、

 女捨ててる!女失格!」

だなんて、

なんでそう思ったんだろう?

って改めて振り返ると、

正直、雑誌やテレビに洗脳されてたかもって思います。

 

そして、

そういう情報があふれかえっている

世の中だから、

仕方なかったな、と。

 

 

私の場合、過去、

「キレイになりたい!」

って思ってまず見たのが、

雑誌でした。

 

よくある女性誌。

そこで目に入るのは、

モデルさんたちの

きらびやかなスキンケアライフ。

本当に目移りするほど、

あれもこれもいろいろ紹介されていて、

「えーっそんなにお金ないよー」

と最初は思ったものの、

 

「でもこんなキレイなモデルさんたちが使ってるなら、

 やっぱりこれぐらいやらなきゃいけないんだ!」

って思っちゃったんですよね。

 

でも後から思えば、

雑誌にとって化粧品会社はスポンサーなこと多いし、

モデルさんたちも仕事柄たくさんの化粧品を

試さざるを得ないでしょう。

 

コチラの記事にもチラっと書いたように、

過剰なケアしすぎでも、

美容皮膚科へ通ったり、

あの手この手でケアし続ければ、

見た目上の美肌は保てます。

 

ですが、

私たち一般人に、

そんな真似はできません

 

モデルさんたちは、

それが仕事だからできるし、

やっていいんです。

 

たとえば、

今の私のような、

こどもに時間もお金もかかる人は、

同じことやってたらおかしいですよね。

というかできません。

 

でも雑誌やテレビの影響力ってすごいし、

周りの友達もみんな

同じようなこと思ってました。

 

だから仕方なかったとは思います。

誰でも過去の私と同じように

思うんじゃないでしょうか。

 

でもお肌は正直でした。

私のお肌は

スパっとシンプルなケアに

徹するようになったら

周りの人より肌状態がよくなりました

 

お肌がキレイになってからは、

昔の自分、

ホント―に無駄な時間を使ってたな!

無駄な労力とお金をかけてたな!

って思います。

 

スキンケアによって気分が上るのは美容にとって意味なくはないけど、他で上げたってよかったんだ!

でも、

「スキンケアの段階を省くなんて

 とんでもない!」

「仮にそれでお肌がキレイになるとしても、

 なんだか女子力下がって

 オバサン化しそう!」

なんて、

過去の私は思ってましたし、

実際に友人に

シンプルスキンケアをすすめたときに

そう言われたこともあります。

 

日本の女性の中に、

「スキンケアなどを

 丁寧にすることにより

 気分が高まり、

 女子力が上がり、

 もっともっときれいになれる!」

みたいな幻想

根強いですよね。

 

一体だれが言い出したのだか・・・

 

確かに、

「思い込み」や「気分」

の要素は、美容に影響あります。

 

女性って不思議なもので、

「自分はキレイ」

って思ってたらほんとにきれいになるし、

「自分はダメ、

 女子力低いし干物女で

 オバサンだ」

って思ってたら

本当にそうなってゆく

という側面は本当にあります。

 

「気持ち」

のパワーは侮れなくて、

例えば、

ポジティブに笑ってると、

免疫力がアップする!

という実験結果もあるのは

有名ですよね。

風邪に強くなったり、

病気が治りやすくなったり。

 

それほど身体に影響する

気持ちの力ですから、

当然、お肌や美容にも影響します

 

だから、

「スキンケアを丁寧にしてるんだから

 きれいになれるに決まってる!」

っていう思い込みの力は、

侮れないし、

あながち

ただの幻想でもないんです。

 

もしかしたら、

女性たちは昔から

そのことを経験で知っていたから、

「美容のためには、

 きちんと女子力や気分を

   上げることが大事、

 だから毎日丁寧にスキンケアすべき!」

が暗黙の了解として

広まってきたのかもしれないと

思います。

 

そういう意味では、

おしゃれで可愛い

スキンケアグッズや

お気に入りの

化粧品を使って

鏡の前で

丁寧にケアする時間は、

全く意味がないわけじゃない

とは思います。

 

でもだからって、

私は

使わなくてもいい

化粧品を、

「気分を上げるためだけに」

使おうとは思いません

 

現に私のように、

「スキンケアを

 やめたほうがきれいになる」

人もいますから

 

100歩譲って、

どうしてもそういう、

気分を上げる化粧品が欲しければ、

テキトーな空きビンや空のボトルを

洗面所にインテリアとして

飾っとけばいいんじゃないかなー

という感じです。

 

 

でもそれよりも、

スキンケアを減らしてみて、

化粧品類が減らせて

「シンプルな暮らし」

「本当に自分に必要なものを

 厳選した暮らし」

を選んで楽しむメリットのほうが、

私には大きかったです。

 

私のように

もともと洗面所がスキンケア用品で、

ゴチャゴチャしてた場合、

スキンケアをシンプルにしたら

とってもスッキリします。

 

洗面所の棚に収まりきらないぐらいの

化粧品が一気に片付いて、

私はすっごくスッキリしました。

 

すると、気持ちもとっても軽く、

ハッピーになれました。

 

もう、毎日鏡の前でため息ついて

「あの商品買えばお肌の悩みが

 なくなるのかな?」

って悩んだり

「もっと時間かけなきゃ

 いけないのに、

 スキンケアに時間を

 裂けない私は

 本当に女として終わってる」

とか思って

自分を責める必要なんてありません

 

毎日化粧水だけつけて、

キメが整ってふっくらした頬に触れて、

「私は自分に本当に必要なもの

 見つけられたんだ!」

って思って

自分のことをほめてあげられるんです。

 

そうやって自分のことを

褒めてあげると、

心がふわっと軽くなり、

自由な気持ちで

毎日元気でハッピーに過ごせます。

 

家事や育児も笑顔でできるし、

イライラする回数も減りました。

そのことによって、

夫と喧嘩ばかりだったのも

仲良くなれたし、

母としても女性としても、

今の自分のほうが断然、

前よりもハッピーに過ごせて

いるのです。

 

 

だから、

「スキンケアをシンプルにしてしまったら、

 女としての気分や女子力が下がって、

 きれいになれないんじゃないか」

なんていう、

過去の私のような心配は、

一切不要だったんです。

 

むしろ逆で、

「スキンケアをシンプルにしたほうが、

 きれいになれるし、

 女性としても素敵になれる!」

って今では思っています。

 

余計なものを切り捨てたら、本当の自分がキラキラと輝きだす!

いらない工程を省いて何が悪い?

クレンジングやダブル洗顔、

乳液やクリームつけなきゃいけないなんて、

一体誰が決めたの?

 

肌にとってそれらの工程が

不要だと感じるのならば、

サクッと省いて

きっぱりやめる。

それこそが女子力。

 

今なら素直に、

そう思えます。

 

以前の私のように、

時間やお金がなくて

いろいろなスキンケアが

できなくっても、

 

自分はダメな女なんだ・・・

これじゃキレイになれるわけないよ・・・

 

なんて悲しんだり

自分を責めたり

する必要は全くないんです!

 

時間やお金がなくたって、

きちんとしたスキンケアはできます!

自分に合った

最低限のアイテム・方法を

見つけたらいいんです。

 

それに、

あれこれいろんなアイテムに

頼るのをやめたら、

自分の素肌、

本来の力を

生かすことの

大切さ

気が付くことができました。

 

私のお肌は

洗いすぎと

過剰なケアを

やめてあげることによって

よみがえりました。

 

本来は、

自分自身の素肌は、

よみがえろうとする力を持っていた。

なのに、それが

過剰なケアによって覆い隠されて

しまっていたんだな、

ってわかりました。

 

そう気が付いたら、

お肌だけでなく、

心も、たくさんの化粧品に

依存するのをやめて、

自立できたような気がします。

 

たくさんの広告や

雑誌やテレビで流れる

化粧品を見ても、

「あれ買ったらいいのかな?

 それともあっちのほうがいいかな?

 でもお金ないよー」

とかもう悩まなくていいんです。

 

「私はもう、

 自分にとって本当に

 必要なものを知ってるから、

 余計なものは必要ないよね

って、

どっしり構えることができます。

 

色々な意見に惑わされなくなり、

スキンケアに関して、

本当の意味での

「自立」

ができたんです。

 

 

 

 

 

もちろん、

乳液などの工程を省くだけでなく、

それ以前に

「バリアを壊さない」ように

洗顔・クレンジングを

見直すことが大前提で大切です。

 

きちんと自分のお肌のバリアを守ることができて、

シンプルなケアに徹し、

本来の素肌の力を活かせるようになってきたら、

素肌も、

内面も、

「本当の自分」

がキラキラと輝いてきました。

 

そしてそれは、

どんな高級な化粧品やクリームを使っても

叶わないぐらいの、

真実の輝きなんじゃないか、

って私は思ったのでした。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今日は私のスキンケアに関する考え、

 

「スキンケアは、

 省けるものは省いていい。

 シンプルにした方がむしろきれいなって

 女としても女子力上がるし、

 本来の肌の力が引き出されて

 自由でハッピーになれた!」

 

というお話でした。

 

お肌にとって

本当に必要なものって、

結局シンプルだし、

それに気が付くことができたから、

身軽になれて、

今こんなに毎日幸せなんだなー

って思ってます。

 

私の経験が少しでも、

過去の私のようにお肌に悩んでる方の

お役に立てたらうれしいです!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

顔面がシミだらけ

だった私。

どうせ他人は

そんな気にしてないだろうと

たかをくくっていたら

 

ある時、そのシミが、

隠しきれていない

ことが発覚。

 

シミのせいで

老けて見える!

シミを隠すために

厚塗りすると

もっと老けて見える!!

 

嫌だ――――!!

シミを消したい!

そう思った私は

あの手この手でシミに戦いを挑むも、

惨敗・・・。

 

どんどんなくなっていく自信。

シミのせいで後ろ向きになり、

夫婦喧嘩、

家族の危機、

家庭崩壊!?

あげく入院・・・

 

一時はシミに打ちのめされ、

もはやこれまでか、

と諦め、

絶望のどん底に。

 

しかし!


救世主が現れたのです。


その運命の出会いにより、

私の人生は大きく変わりました。

 

シミとの戦いに終止符を打ち、

見事、

ハッピー素肌とハッピーライフを

手に入れることができたのです!!

 

そんな私の、

ちょっぴり笑えるプロフィール、

シミとの戦いの歴史!

美肌へのサクセスロード!

人生180℃回転ストーリー

コチラからお楽しみください☆

 

↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ 

「ハッピー素肌☆ハッピーライフ伝道師・ひとみの物語」